小阪美鈴オフィシャルホームページ"Misuzu-ism"光を孕む書

森繁久彌先生の震災詩を書の作品に

森繁久弥/震災の記憶

俳優の故・森繁久弥さんが阪神大震災(95年1月)直後、地元紙に寄せた詩を題材に、神戸市須磨区の書家、小阪美鈴さんが作品を制作した。小阪さんは震災で教え子を亡くしたが、森繁さんの詩に何度も励まされたという。9日には、森繁さんの次男建(たつる)さん(67)が神戸を訪れて作品を鑑賞、「震災に心を痛めた父の気持ちを見事に表現してくれた」と語った。震災では、書道教室で教えていた小学2年女児が倒壊家屋の下敷きになり亡くなった。上達すると屈託のない笑顔で喜ぶ子どもだった。命のはかなさを思い、ふさぎ込んだ。数日後、少年時代を兵庫県西宮市で過ごした森繁さんの詩が、神戸新聞に掲載された。「我を育てし兵庫の里よ、友よ/(中略)紅梅のこの赤の そら怖(おそ)ろしげな/腕さすり 頬(ほお)つねる 昨日今日/兄等の無事を どう祈るや その術(すべ)もなき/雲流る 六甲よ」「深い悲しみと慈愛に満ちたメッセージだ」と受け止めた。何度も読み返し、立ち直るきっかけとなった。何度か作品にしようと考えたが「まだ未熟」と思いとどまった。昨年11月、森繁さんの訃報(ふほう)に接し、制作を決意。建さんからも「父も光栄だと思う」と快諾を受けた。無心で筆を握り、約100枚書き直し、全紙(縦約1.4メートル、横70センチ)など5枚を使って完成させた。作品を見た建さんは「素晴らしい。天国にいる父も間違いなく喜んでいる」と語った。 建さんによると、森繁さんは震災当時、新聞やテレビを食い入るように見て、被災地の友人のことを心配していたという。小阪さんは「被災者は今も心の傷が癒えないが、たくましく生きている。震災を風化させないため、書家として表現し続けたい」と話した。
作品は神戸市中央区西町の三菱UFJ信託銀行神戸ビルショーウインドーで、2月8日まで展示する。【重石岳史】 2010年1月10日  毎日新聞記事より

小阪美鈴より

森繁久彌先生のお言葉・メッセージをお借りして「震災の記憶」を発表させて頂き、今までにない反響がありました。多くの方に立ち止まって読んでいただき、書家冥利でございました。ある方からの手紙を引用させていただきます。
「今までは地震に怒りと悲しみを強く表現しているような文字表現もありましたが、今回は心が落ち着き、優しさを感じました。遠くに居て何もしてあげられないというやさしい思いが文字に宿っているように思いました。」

小阪美鈴最新トピックス

2015/08/01(土)〜08/12(水)
小阪美鈴書展/カフェギャラリー「ゆめや」(11:00〜17:00)
神戸三宮センター街南
TEL078-392-0513※木曜日、金曜日は休廊です。
日時は追ってお知らせします
小阪美鈴書展/ギャラリーオスカー
神戸市中央区中山手通
TEL078-361-3567
2015/01/16〜02/16
震災の記憶vol.11 (神戸元町「大丸」西南角三菱UFJ信託銀行ショーウィンドウ/菱の実ギャラリー)
2014/05/13
神戸新聞夕刊に、甲南病院病理診断科部長がん相談外来担当の村尾眞一先生の「がんよろず相談承ります」の欄に拙書
「ゆったり ゆっくり にっこり que ser’a ,ser’a」が掲載されました。
2014/04/22〜04/29
ギャラリーオスカー美術工芸作品展出品
(11:00〜18:00)
2014/03/29・03/30
第6回日本がん樂会美術展・出品 兵庫県民会館2F・兵庫県民アートギャラリー後援兵庫県・神戸市
2014/02/17〜02/23
小阪美鈴個展/ギャラリーオスカー15周年記念 (神戸市中央区中山手通)TEL078-361-3567
2014/01/14〜02/14
震災の記憶vol.10 (神戸元町「大丸」西南角三菱UFJ信託銀行ショーウィンドウ/菱の実ギャラリー)
2013/01/07〜02/06
震災の記憶vol.9 (神戸元町「大丸」西南角三菱UFJ信託銀行ショーウィンドウ/菱の実ギャラリー)
2013/01/01
オフィシャルHP新規開設

書アート教室ご案内

小阪美鈴オフィシャルブログ

ダミアンフラナガン公式ホームページ

ハルヤマシタ東京

イングリッ書

小阪美鈴オフィシャルホームページ

お問合せ

■作品または個展などに関するお問合せは こちら